第2回FINEフォーラム

0629RINK×FINE連携イベント(FINE版)
Pocket

登壇者プロフィール

矢作尚久慶應義塾大学 政策・メディア研究科 准教授】

1974年米国Palo Alto生まれ。慶應義塾大学医学部卒業(MD)、2004年同大学院博士課程修了(Ph.D.)。2009年東京大学医療経営人材育成講座修了(首席)。2011年ハーバードビジネススクールMHDにScholarshipとして招聘され修了。その後、途上国への医療マネジメントシステムの提供準備を開始。2012年情報流通制御技術を活用した世界初のClinical Data Management Networkを設計、2016年医療情報を統合させるシステムを稼動。国立成育医療研究センターにて、開発薬事・プロジェクト管理部臨床研究ネットワーク推進室室長補佐(情報戦略担当)、データ科学室室長代理を経て現職。内閣官房次世代医療ICT基盤協議会等構成員。

 

【岩宮貴紘/株式会社メトセラ 代表取締役

2014年3月東京女子医科大学医学研究科博士課程修了(医学博士)。2010年より東京女子医科大学先端生命医科学研究所(TWIns)にて心臓再生医療に関する研究を開始し、2012年以降は心臓線維芽細の研究に注力。2014年4月より慶應義塾大学先端生命科学研究所・再生医療チームのチームリーダーとして、線維芽細胞による臓器・がん再生の研究に携わる一方、メトセラの事業化をプロジェクト化。メトセラでは共同代表として、基礎開発から臨床応用を含む研究開発計画の立案・遂行等を統括。1984年生まれ。

秋枝静香/株式会社サイフューズ 代表取締役

明治大学農学部卒業。九州大学大学院を経て、九州大学において遺伝子解析・再生医療分野の研究者として従事したのち、九州大学病院にてJSTプロジェクト(骨軟骨再生の事業化)に従事。2010年のサイフューズ創業メンバーの1人として入社し、NEDOプロジェクトをはじめとする各プロジェクトに中心的研究員として参画するとともに、サイフューズが関わる社内外のすべての研究開発プロジェクトを横断的に統括。2016年からは研究開発のトップの立場から取締役としてサイフューズの経営に参画。

【木村忠昭/株式会社アドライト 代表取締役

大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務に従事。2008年、イノベーション共創を手掛ける株式会社アドライトを創業。合わせて国内スタートアップ企業へ社外役員就任によるハンズオン支援を行い、うち5社(ユーグレナ、じげん、クラウドワークス、エスエルディー、マネーフォワード)が上場を果たす。アジアやアメリカの海外スタートアップ企業の支援にも積極的で、これまでに20社以上の投資育成を行いうち3社が買収される。これら国内外スタートアップの知見やネットワークを活かし、大手企業のオープンイノベーションにおける一気通貫での事業化支援を得意とする。主要な国立/私立大学との産学連携プロジェクトの支援実績も豊富。東京大学経済学部経済学科、東京大学大学院経済学研究科修士課程卒業。

 

かながわ再生・細胞医療産業化ネットワーク(RINK

再生・細胞医療の実用化・産業化を促進するため、羽田空港に隣接する川崎市の殿町区域に位置する再生・細胞医療の産業化拠点「ライフイノベーションセンター」(LIC)入居企業を中心に、業界団体や関係機関など多様な主体が参加・連携し、企業によるイノベーションの創出を目的に設立したネットワーク。

慶應義塾大学FINEコンソーシアム】

正式名称は、慶應 SFC 未来イノベーション&アントレプレナーシップ研究コンソーシアム。慶應の教職員とメンター三田会の有志メンターで運営される”慶應らしさ”溢れる研究コンソーシアム。大学発のベンチャーやイノベーションが起こせるように活動を行っている