人工知能は世界をどう変えるか シリコンバレーVCトップらが語る未来

Pocket

人工知能は、生活のあらゆる面ー 働き方、産業構造、消費などに多大な影響を与えつつあります。

13096186_10209535113678455_6821306330469977074_n

シリコンバレーのベンチャーキャピタルであるFenox VC CEOアニス・ウッザマンが、これから5年〜10年先、人工知能によって世界がどのように変化するかを語ります。*日本語講演です

シリコンバレーVCならでは、世界の最先端技術の事例を交えながらの内容になっています。

パネルディスカッションでは、おいしさをAI技術で数値化するAISSYの鈴木隆一社長、自然言語処理技術に強みのあるStudio Ousiaの山田育矢CTOらとディスカッションを行います。申し込みページよりお申し込みください。

【日時】5/30 19:00~21:00
【場所】慶應義塾大学三田キャンパス東館6階G-SECラボ
【会費】2000円
【申し込みページ】←必ず事前にお申し込みください!
【Facebookページ】
【参加人数】100人
【共催】慶應義塾大学SFC研究所FINEコンソーシアム
株式会社フェノックス・ベンチャーキャピタル・ジャパン


【当日スケジュール】
18:30 : 開場
19:00 : オープニング挨拶
19:05 : 特別講演
”人工知能は世界をどう変えるか ー シリコンバレートップベンチャーキャピタリストが語る未来”
アニス・ウッザマン 氏(Fenox ベンチャーキャピタル CEO)

19:45 : パネルディスカッション
”スタートアップ、アカデミア、産業界における最新の人工知能活用動向とは”

パネラー:
アニス・ウッザマン氏 (Fenox VC CEO)
鈴木隆一 (AISSY㈱社長、味博士)
山田育矢氏(㈱StudioOusia 代表取締役CTO)
モデレーター:
上條由紀子氏 金沢工業大学大学院 准教授

20:20:ネットワーキング

【アニス・ウッザマン プロフィール】
Fenox Venture Capital 共同代表パートナー & CEOFenox Venture Capital 共同代表パートナー & CEO
シリコンバレーのベンチャーキャピタル、Fenox Venture Capital共同代表パートナー&CEO。 主に初期投資とファイナルラウンドを専門とし、インターネット、モバイル、ソーシャル、クラウド及び最新技術分野を中心に投資する。現在、全世界で20億~ 200億円の9つのファンドを運営しており、日本の大手 事業会社13社とのパートナーシップを通して、大手企業内のイノベーションを促進する実績を持つ。米国、日本、東南アジアにおいて65社以上のスタートアップへの投資を行っており、Expect Labs、Sidecar、Genius、LARK、ShareThisに加え、日本のDream link Entertainment (DLE)*、Terra Motors、metaps**はフェノックス・ベンチャー・キャピタルの主要な投資実績となっている。投資家であるとともに、東南アジア最大のテックメディア・Tech in Asiaをはじめ、Lark、Kii、DLE、Infoteriaにおいて社外役員を務める。 *DLEは、2014年3月に東証マザーズへ上場 **metapsは、2015年8月に東証マザーズへ上
過去にはIBM、Cadenceにてビジネス戦略に従事。また現在に至るまで小売業からエンジニアリング企業まで数々の会社をM&Aさせた実績を持つ。東京工業大学電気情報工学卒業。オクラホマ州立大学電気工学にて修士、東京都立大学情報通信システム工学にて博士を取得。
主な著作『スタートアップ・バイブル シリコンバレー流・ベンチャー企業のつくりかた』

【鈴木隆一】
通称「味博士」。AISSY株式会社代表取締役社長、慶應義塾大学理工学部共同研究員。SFC研究所上席所員(FINE研究員)。大学院修了後、慶応義塾大学から出資を経てAISSY株式会社を設立。食べ物や飲み物の味を人工知能(ニューラルネットワーク)を用いて数値化する味覚センサー「レオ」を開発し、味の専門家として数々のテレビ番組、雑誌等に出演。食品メーカーとの受託研究・分析・解析事業の実績も多数。著書に『味博士のぜったい太らない食べ方』『味覚力を鍛えれば病気にならない』『日本人の味覚は世界一』などがある。

【山田育矢】
中学生の頃からプログラマー、オンラインソフトウェア作者として活動する中、1998年、世界最大規模のWebサイトコンテスト「ThinkQuest」に参加し、国内大会で最優秀賞、 国際大会にて銀賞を受賞。
2000年4月、慶應義塾大学環境情報学部入学と同時に、株式会社ニューロンを起業し、代表取締役社長就任。P2P通信の基盤技術を開発する中、学生時代に会社経営から会社売却まで経験。そののち、2007年、現在の株式会社Studio Ousiaを創業、代表取締役CTO就任

【上條由紀子】
慶應義塾大学大学院理工学研究科前期博士課程修了後、中学校理科講師を経て、2000年より弁理士登録、太陽国際特許事務所に入所。2004年より東京大学先端科学技術研究センターに特任研究員として出向、産学連携・技術移転、知財マネジメントの研究に従事。その後、慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構専任講師としてデジタルコンテンツの知的財産管理、戦略的標準化人材育成の研究に従事し、2009年4月より金沢工業大学大学院准教授に着任。現在、知財マネジメント、標準化に関する研究・教育に従事する傍ら、中堅・中小企業に対する知財コンサルティング、大学知財シーズの事業化支援、起業家支援に取り組んでいる。内閣府総合科学技術・イノベーション会議重要項目専門調査会委員、日本知財学会デザイン・ブランド分科会幹事を務める。